メッセージ 更新: 2014.04.16

アースデイ東京2014へのメッセージ

アースデイ東京2014へのメッセージ

アースデイ東京2014へのメッセージ

●C.W.ニコルさん実行委員長よりメッセージ
温かい日和となり、4月がやってきました。鳥居川は雪どけ水が音をたてて流れています。そして今夜、私は今年初めてのふきのとうの天ぷらを味わおうとしているところです。いつも自然を感じながら私はこの国に暮らしているわけですが、大都会に暮らす人々の多くは、春になると桜のことしか考えていないかのように思えます。

 私は人ごみが苦手です。実際、人ごみの中にいると、緊張するし恐怖さえ感じます。そういった理由もあって、どうしても出席しないといけないもの以外は、コンサート、バレエ、オペラなどに行くのを避けています。アースデイ東京は多くの来場者が訪れるイベントです。それにも関わらず自ら進んで参加するのは、アースデイ東京という場が、年に一度、素敵な人々と出会い、語り合うことのできる場であるからです。アースデイ東京はこの地球に棲むためのアイディアをシェアできるお祭りです。美味しい食べものと飲みものもあります。私は鹿肉の料理をお出ししますので、ぜひ食べに来てください。

It is a warm day, April has come, the Torii River is rushing white with melting snow, and tonight I shall have butterbur tempura for the first time this year. Living in the country I am always aware of nature, but it seems to me that most folk living in a big city think only of cherry blossoms when Spring comes.   I dislike large crowds. Actually I am very nervous, even scared in a large crowd, which is the main reason for my avoiding of avoid going to concerts, ballet, opera and so on unless I have an obligation to attend. However, although our Earth Day Tokyo event brings huge crowds, I willingly go because it is the place where, once a year, I can meet and talk with so many fantastic people. It is a festival to share earth-living ideas. Some pretty good food and drink too! I’ll be serving venison cookery, so why don’t you try that?

≫ C.W.ニコルさん実行委員長より映像メッセージ(YOU TUBE)

≫ 4月19日(土)11:00〜 メインステージにて
デニス・バンクスさんによる祈りの場開き
C.W.ニコル実行委員長による開会式

 

 


Yae

●Yaeさんよりメッセージ
3人目の女の子を出産し半年が経ちました。
これからもっともっと生きていくことが困難な時代に、はたしてこの子は幸せになれるのだろうか?
正直とても迷いました。でもこんな風に子どもを産めない女性が増えてしまったら?未来を失ってしまう。
だからこそ親の責任は大きいです。なんとかして原発の再稼働を止め、放射能やあらゆる危険から子どもたちを守りたい。
これから起こりえる困難と戦う覚悟で、今わたしができること。
アースデイというこの日を通してぜひ多くのかたに伝えていけたらと思います

【プロフィール】
東京生まれ.故藤本敏夫/歌手加藤登紀子の次女。
2001年に歌手としてデビュー。これまでに12枚のCDをリリース。その存在感あふれる「声」で各地にファンの和を広げ,数々のCMソングの歌唱・作詞作曲も手がけたり、NHKみんなのうたや人気ゲームソフトの主題歌、ディズニー映画「くまのプーさん」のテーマ曲、挿入曲も歌唱。海外ではキューバの音楽祭、サンフランシスコでの世界平和音楽賞などに参加。また、日本ユニセフ協会の東北大震災応援メッセージCM「ハッピーバースデイ3,11」のCMソングも担当。現在,小田急ロマンスカーTVCMで、テーマソングを歌唱。2007年から土に生きることの幸せを伝えるため、全国の農山漁村をめぐる「種まきライブツアー」を展開中。現在は、家族と共に千葉県鴨川市にある、自然豊かな里山「鴨川自然王国」で、農を取り入れたスローライフを送り、ラジオのパーソナリティーや、テレビ出演等も務めながらライブ中心に活躍中。
【関連WEBサイト】www,yaenet.com

≫ 4月19日(土)12:00〜12:30 メインステージにてLIVE

 

 


Arisa Safu

●Arisa Safuさんよりメッセージ
日々に追われ、忙しい毎日を過ごしている私たちは、地球や環境の事はもちろん、自分のまわりの事すら「想う」余裕がどんどんなくなっているんでは? ふとした時に立ち止まって花のにおいを嗅ぎ、外の風を感じて、太陽を浴びて、地球の奏でている音楽に耳を傾けてみると、もっと大切なモノが見えるはず。“The earth has music for those who listen.”

【プロフィール】
幼少より70年代前半アメリカのWest Coastをその身体に深く刻み込む。2010年、FUJI ROCK出演。2012年、深く刻まれたルーツをより研ぎすまされた表現形態にするべく自らの意思でバンドを解散。2013年、FUJI ROCKに再び登場。10月に
本夛マキ、倉井夏樹、そしてムッシュかまやつとKeep on Movin’ツアーを敢行。その後、初のFULL ALBUMをアナログレコーディングし、Chasing the American Dreamをリリース。
2014年初頭から、ロサンゼルスを拠点に活動。4月に一時帰国。
【WEBサイト】
http://www.arisasafu.com
http://www.twitter.com/arisasafu
http://www.youtube.com/arisasafu
≫ 4月19日(土)13:00〜13:30 メインステージにてLIVE

 

 


島昭宏(弁護士/「原発メーカー訴訟の会」弁護団長)

●島昭宏さん
【プロフィール】
1962年名古屋市生まれ。1985年よりthe JUMPSボーカル。ロック・イベント“JUST A BEAT SHOW”を主宰し、1982~2002年の20年間で300回開催。1986年、ブルーハーツ、レピッシュらとオムニバス・ライブ・アルバム『JUST A BEAT SHOW 1986.3.8 YANEURA』を発表し、その後も数多くのCD、ビデオをリリース。2005年ロースクール入学、2009年司法試験に合格して、ロックンローヤーとしての活動を開始。原発メーカー訴訟弁護団長
【WEBサイト】
http://jumps.kill.jp
http://ameblo.jp/redkick/
https://www.facebook.com/akihiro.shima.75

≫ 4月19日(土)13:30〜13:45 メインステージにて
≫ 4月19日(土)14:10〜14:50 “チェンジ・ザ・ワールド”ステージにて

 


OKI

OKIさんよりメッセージ
人間が大地の神様 moshiri kor kamuy に酒を振る舞うとき、杯に酒があふれでるほど注がれている様子を“kan pasuy konna momunatarano”と言いますが、その言葉のどこかめでたいヒビキが好きです。

【プロフィール】1993年より樺太アイヌの弦楽器トンコリの再生に取り組み、トンコリの演奏と楽器製作をライフワークにしている。レーベル CHIKAR STUDIOを運営。安東ウメ子、Marewrew、Dub Ainu Bandなど20タイトルの作品をプロデュース。現在進行形のアイヌ音楽を世に送り出している。日本での活動のほかWOMADなど海外音楽フェスにも多数出演している。

≫ 4月19日(土)14:00〜14:30メインステージにてLIVE

 

 


DAG FORCE

●DAG FORCEさんよりメッセージ
今回アースデイに出演することが出来、とても光栄です。年々高まりつつある環境意識を音楽のように響かせ合い、鬱積した地上を Motivate していけるメッセージを LIVEで伝えられたら、と思います。よろしくお願いします。

【プロフィール】
MC DAG FORCE 岐阜県飛騨高山 出身 29歳 の MC / Rapper。
HipHopシーンをベースに、Rock/Funk/Blues/Jazz/Soul/Folk/Disco/Reggae などの要素を取り入れた独自のサウンドを持つGENRE KILLER。21世紀日本を代表する唯一無二のアーティスト。代表曲「Stay Strong」は、YouTube再生100万回以上を記録。
【WEBサイト】http://www.dagforce.com

≫ 4月19日(土)15:00〜15:30 メインステージにてLIVE

 

 


尾崎亜美&小原礼

● 尾崎亜美さんよりメッセージ
地球からあたりまえのようにもらっているエネルギーのお陰で、今まで のほほんと音楽を創ってきました。車にも乗るし、エアコンも使うし、「地球に優しく暮らしています」と言えるような生き方をしているわけじゃないけど、小さなチカラでも何が役にたつことがあるのなら、そんな想いで参加させて頂くことにしました。

【プロフィール】
尾崎亜美
1976年3月20日 シングル「冥想/冬のポスター」(東芝EMI)でデビュー。シンガーソングライターとして活躍を続けるとともに、他のアーティストにも多数の曲を提供し、いわゆる現在のプロデューサーの草分け的存在。
いつ聴いても新鮮で色あせない名曲を作り続け、70年代から今に至るまでの日本のミュージックシーンを支えている。
2012年 2月35周年記念アルバム『soup』(DVD 付)をリリース。
【WEBサイト】http://www.ozaki-amii.com

小原 礼
1972年にサディスティック・ミカ・バンドにベーシストとして参加。日本のバンドとして初めてイギリス・デビューしてその名を轟かせる。その後、渡米して、イアン•マクレガン バンドの参加。そしてグラミー賞歌手ボニー・レイットとツアーを共にした。
2014年3月12日屋敷豪太とのユニット「ザ•ルネッサンス」で、徳間ジャパンコミュニケーションズより『Renaissance 1er』をリリース。

≫ 4月19日(土)16:00〜16:45メインステージにてLIVE

 

 


加藤登紀子

●加藤登紀子さんよりメッセージ
人は心に土を持って生きています。だからこの星(地球)の声は私達自身の体の中からも聞こえてきます。
未来の命が安心して生きていける地球をし
っかり守り、愛をその土の中でじっくりそだてましょう!

【プロフィール】
1965年東大在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」「百万本のバラ」「知床旅情」などヒット曲がある。歌手活動は年間を通して国内外で行っており、カーネギーホールで2度のコンサートを成功させたのに続き、‘92年にパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府より文化勲章「シュバリエ」が贈られた。東日本大震災後には被災地を度々訪れ復興支援活動も行っている。2014年末より1年間が歌手生活50周年の年となる。女優として『居酒屋兆治』(1983年)などに出演。宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としての魅力も発揮した。「鴨川自然王国」理事。WWFジャパン顧問。最近のCDリリースはアルバム「登紀子愛歌 AIUTA」、シングル「富士山だ」(日本コロムビア)がある。近著は「命を結ぶ」(中央法規出版)、「君が生まれたあの日」(廣済堂出版)
【WEBサイト】http://www.tokiko.com

≫ 4月19日(土)17:15〜18:00 メインステージにてLIVE

 

 


橋本光

●橋本光(日本フィットネスヨガ協会)さんよりメッセージ
今日はアースデイ。地球という星に生まれてきたことに感謝し、
連綿とつながる生命と自然の連鎖に感謝をする「アース・ヨガ」を皆さんと一緒に行いましょう。

【プロフィール】
1950年、京都市生まれ。学生時代、立命館大学探検部に所属し、マレー半島を調査・探検。帰国後、体調を壊し、23歳のとき、ヨガと出会う。それ以来、ヨガの道へ。25歳から2年間、ヨーガ研修および修行を目的に、世界29カ国を巡る。オランダでヨガの指導を行い、93年日本フィットネスヨーガ協会を設立。
【WEBサイト】http://yoga.co.jp/

≫ 4月20日(日)11:00〜11:30 メインステージにてアースヨガ

 

 


蜜

● 蜜の二人よりメッセージ
今年もアースデイがやってくる。どんな明日が良いか、どんな未来が良いか。一見すると堅苦しくて大きなテーマだけど、ほんの小さな事で自分でも当事者になれるんだと教えてくれる、大事なイベント。当日は精一杯、感じたり考えたりしようと思います。(蜜:橋詰遼)

地球人として、地球のことをどのくらい知れているのだろうか。楽しみつつ学べる、アースデイ。
我々は歌をプレゼントしにいくぞよϵ( ‘Θ’ )϶ (蜜:木村ウニ)

【プロフィール】
「現在進行形のスタンダードミュージックを目指して!」唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂。二人の出遇いが生んだ奇跡の唄合戦ユニット「蜜」。ロック、ポップス、ソウル、昭和歌謡・・・とあらゆるジャンルにアクセスし独自にブレンドした楽曲は濃厚で新しいスタンダードミュージックと成り得る。よいメロディーと気持ちよいハーモニーを武器に勢力的にライブを展開中。2012年メジャーデビュー。2013年には2枚のオリジナルアルバム「HeとSheでShow」「キス アンド クライ」カヴァーアルバム「蜜狩り」リリース。
【WEB】http://www.mitsu71.com/

≫ 4月20日(日)11:30〜12:00 メインステージにてLIVE

 

 


アースデイwithマイケル

●アースデイwithマイケルの皆さんよりメッセージ
愛で世界をひとつにしよう。こどもたちの為に地球を守ろう。『チェンジ・ザ・ワールド~今がその時~』一緒に歌って踊って、よりよい地球のために一歩踏み出してゆく。そんな、地球の日ライブにしよう!

【プロフィール】
チャリティをポップに。マイケルの歌とダンスで世界がつながり、よりよい地球にするため、 チャリティ・ライブへの出演や、東北の仮設住宅訪問などの活動を行っています。今回はR&BアーティストJUN、ブラジリアン・パーカッションAlawodudu、笑顔の傘のMERRY PROJECTをフィーチャーし、演奏・歌・ダンス総勢100人超による迫力の地球ライブ『チェンジ・ザ・ワールド~今がその時~』をお届けします。
【WEBサイト】
http://withmichael.org/
http://JUN-AlwaysBeCool.com
http://www.merryproject.com/

≫ 4月20日(日)12:30〜13:30 メインステージにてLIVE

 

 


伝伝虫(自由の森学園有志)

● 伝伝虫(自由の森学園有志合唱)の皆さんよりメッセージ
私達の声に耳を澄ませたことはありますか?
選挙権も社会的権利もない私達がこの世界に求めているもの。それは原発じゃない、管理社会じゃない、戦争じゃない。自由や愛や青空を私達は求めています。その他にも1人1人がこの世界に望んでいるものを込めて歌います。

【プロフィール】自由の森学園は、名前にある通り「自由」な雰囲気を持つ学校。「自由」とはたくさんの意味があります。何かの抑圧からあるいは、考え方が自由になることもあるし、なにより自分自身が自分をしばっているものの見方からの自由も。自分自身の心の解放をし「自由な人」となる  つまり自立した自由へのはっきりとした意志を持っていくために、私たちは子どもたちがさまざまな経験を通して学ぶ場をつくっていきたいと願っています。
【WEBサイト】http://www.jiyunomori.ac.jp

≫ 4月20日(日)14:00〜14:30 メインステージにてLIVE

 


ハーフムーン

●アースデイ湘南からハーフムーンの琢磨仁さんよりメッセージ
海から学んだ事を通して地球環境への思いを育んでいこう!」をテーマに湘南スタイルでアースデイを開催しています。アースデイ湘南10周年の今年、アースデイ東京とのコラボが実現するのはとてもうれしいです。ありがとうございます。

【プロフィール】
湘南の波の音、風のささやきが自然な生き方を通して歌になると愛と平和の心が満ちあふれる。
KUWATA BANDのベーシストとして活動した琢磨 仁とNHK「みんなのうた」に楽曲提供の琢磨啓子の心地良さ満点のアコースティック・ユニット。湘南を拠点に音楽活動をする一方、地元で「アースデイ湘南」、「海にありがとう〜湘南から海へ愛と感謝を!」などの環境をテーマにしたイベントを主催している。
【WEBサイト】
http://www.earthday-shonan.org/
http://e-half-moon.com

≫ 4月20日(日)15:00〜15:45 メインステージにて「アースデイ全員集合!」LIVE

 

 


 長見順トリオ

●長見順さんよりメッセージ
今地球のなかで大注目の福島に住んで早五年、被災して放射能溢れるなか、恐れることも笑いで吹き飛ばしてしまいなさい、と身体で感じたので、福島が忘れられないよう楽しくクダラナいことをしていきたいと考えております。

【プロフィール】
長見順、別名マダムギター、自作の唄を中心に唄いながらブルースみたいなギターを下手くそだか上手いのだかよくわからない感じで、やけくそに弾く高齢化社会予備軍の女。東京都出身、福島県福島市高湯温泉在住。一年の半分は雪景色見ながらマジメに生活しつつ創作&ライブ活動しています。
今回のトリオは、吾妻光良&スィンギンバッパーズなどで活躍、元ボガンボスのドラマー岡地曙裕とベースは群馬県桐生市在住の東郷ケイジ、というそれぞれの地方地域で活躍するイカしたトリオです。

≫ 4月20日(日)16:30〜17:00 メインステージにてLIVE

 

 


白崎映美(とうほぐまづりオールスターズ)+梅津和時

●とうほぐまづりオールスターズから白崎映美さんよりメッセージ
お~い、東北の神様方~、黙ってないで降りで来~い。オラを放射能喰うバゲモノにしてくれよ~。

できないんだったら、オラさヒョーイしてくれ。東北の泣いでるじっちゃんさいい事いっぺ来い来い来~い!ど歌うがら。とうほぐまづりオールスターズ結集。行くぜ、東北6県ろ~~~る

【プロフィール】
白崎映美さん
山形県酒田市出身。上々颱風”(しゃんしゃんたいふ〜ん)のヴォーカル。上々颱風は、アジアを中心に世界各国のサウンドと芸能の要素を取り入れた音楽集団。91年にJAL沖縄キャンペーンのCMソング「愛より青い海」が大ヒット。スタジオジブリの映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の音楽を担当。上々颱風でのライブ中ではヴォーカルのほかMCも務め、そこで飛び出す庄内弁や圧倒的なパフォーマンスは観客を巻き込みより一層ライブを盛り上げる。
2013年からはソロ歌手として多角複合的にその才能を開花させている。レパートリーはオリジナル曲の他、民謡、演歌、唱歌、世界各地の民の歌まで幅広く、舞台での酒田弁でのトークは東北への愛と復興への祈りに満ちている。
【WEBサイト】http://www.emishirasaki.com

梅津和時さん
宮城県仙台市出身。70年代NYのロフトジャズ・シーンで活躍、帰国後『生活向上委員会』、続くD.U.B.(ドクトル梅津バンド)でブレイクし、同時に参加したRCサクセションのホーン奏者としても一躍、知られる。国内外の多様なミュージシャンと共演を重ね、自身のプロデュースによるノンジャンル無差別セッション『大仕事』シリーズは、90 年代から現在まで継続中。現在、主宰するグループにKIKI BAND、こまっちゃクレズマ、新大久保ジェントルメン等。

≫ 4月20日(日)17:30〜18:15 メインステージにてLIVE

 

 


総合司会は世界一周ギャルでタレントのコジマサトコ

【プロフィール】タレント、MC。高校時代オーストラリアNortham Senior Hign School 修了後日本へ帰国。
英語力を活かしラジオパーソナリティとしてメディアの世界へ。
MTV、avex、TVtokyo等大手メディア企業でのレギュラー番組・ライブMCを担当、タレントトークショーや外国人タレントインタビューアーとしても活躍。
2010年に女1人世界一周を敢行、その後も中東・南米・アフリカを中心に女1人で40ヶ国以上の海外バックパッカーを経験し本を執筆。(「海外旅行最強ナビ」辰巳出版)
メディアサイドでマイクを持つ仕事の利点を生かし、ボランティア団体にも所属、海外経験や震災の現状を雑誌メディア等で語る。ハチャメチャ元気なハスキーボイス。
【WEBサイト】http://whoopeeproject.com/kojimasatoko.html

≫ 4月19日(土)、20日のメインステージの総合司会です。

 

 


●セヴァン・カリス=スズキさんよりスペシャルメッセージ
春が近づいてきました。そう、アースデイの季節です!

みなさんは、自分の美しい家(地球)をどう祝福しますか?
何か食べ物を植えましょう、子どもを公園に連れていきましょう、
そして、アースデイ東京2014へ出かけましょう!
私も、ここカナダから、みなさんとアースデイを祝います。

Message for Tokyo Earth Day 2014
Spring is coming… and with it, Earth Day!  How will you celebrate our
beautiful home?  Plant some food, take a child to the park, or come to
Earth Day Tokyo 2014.  I will be celebrating in solidarity!