自然と人、人と人とのつながりを大切にしたTシャツ、できました

 

 

 

今回、実行委員会に個人で参加したみなさんと事務局とでチームを結成!

アースデイ東京2019 オリジナルTシャツ製作しました。

 

なぜ大量の服が溢れる今の時代に T シャツ??と思った方もいるかもしれません。

そこで !オリジナル T シャツにかける思いを綴ってみました。

 

 

理由その① もっとたくさんの人とアースデイ東京をつくりたい!

 

アースデイはもともと「地球のことを考えて行動する市民イベント」として始まりました。

そこでもっともっと市民のみなさんの参加によって成り立つイベントにしたい!

ということで、みなさんに参加していただくきっかけとして Tシャツをつくることにしました。

 

 

理由その② 天然素材の魅力を発信したい!

 

みなさんは「マイクロファイバー」という言葉を聞いたことがありますか??

 

世界に放出されているマイクロプラスチック(※5mm以下のプラスチック)の35%は ”化学繊維から抜け落ちる「マイクロファイバー」” だと自然保護協会は伝えています。

英国機械学会によれば、ポリエステル素材の洋服 5kg毎に600万本のマイクロファイバーが海洋に流出していると報告されており、現在イギリス政府に対策を講じるよう働きかけているとのこと。

 

 

プラスチックゴミの問題は、日本でも環境省が「プラスチックスマートキャンペーン」を展開したり、全官公庁で使い捨て容器を原則禁止にするなど、積極的に取り組みをはじめていて、世界だけでなく日本においても対策が進んでいます。

 

しかし「マイクロファイバー」の問題は、まだまだ一般的に知られていません。”ペットボトルをリサイクルして繊維にする取り組み” も、一見環境に配慮しているように見えて、実はマイクロファイバーを大量に海に放出してしまうリスクをはらんでいます。

 

だからこそ、天然素材にもう一度焦点を当て、しかも今の時代にも着られるデザインで T シャツをつくりたい!と思いました。

 

 

今回は、いつもアースデイ東京に出展いただいているメイドインアースさんのフェアトレード & 純オーガニックコットンの T シャツを使わせていただいています。

このオーガニックコットンは、数々の国際的な賞を受賞し、世界的に最も大規模かつ先進的なプロジェクトのひとつとして知られているbioReプロジェクトのものを使用しています。

このオーガニックコットンは、生産を通じて次の5つの活動が進められています。(詳細はこちら


1. 有機農業のサポート
2. 子どもの教育支援
3. 生産者や地域の人々の健康のためのインフラ整備
4. 就農のための資金援助
5. 生産者の自立支援

 

間接的にこういった取り組みにも参加できる T シャツになっているのです◎ 

 

 

さらに、有害な合成化学物質を使っていないコットンなので、土壌も水も汚さず、生産者さんの健康も守られます。また、コットンのそのままの油分を残したしっとりした風合いで、着ていてもつい触りたくなるほどの気持ち良さ!糸やタグももちろん、 ”純オーガニックコットン” にこだわっています。

 

マイクロファイバーを出す心配がない、ストレスフリーの T シャツ。ぜひたくさんの人に体験していただけたら嬉しいです。

 

今回惜しくも調達の難しさから、国産のオーガニックコットンは使えませんでしたが、学生さんが集まる SDGs for Schoolチームの檜原村オーガニックコットンプロジェクトのコットンを使える日を夢見て、今後はもっと身近な素材でつくることにもチャレンジしていけたらと思っています。

 

 

理由その③ もっと気持ちがいい経済のかたちをつくっていきたい!

 

アースデイ東京の舞台であるここ東京にも、小さくても素敵な取り組みをしている人たちがたくさんいます。

 

そんな本質的な取り組みをしている人たちを、もっともっと応援していきたい、そういう関係性を大切にするような経済にしていきたい。そんな思いから今回、1930年以前から続く東京八王子の「奥田染工場」さんにご協力をいただきました。

 

作り手の顔も、買い手の顔も見えない、大きな仕組みからできるものづくりが一般的になってしまっている今、顔が見える、愛着のわく服で、より長く大切に使うことが求められているのではないでしょうか。

 

私たちは、顔が見えるミニマムなものづくりにチャレンジすることで、そういったメッセージも発信していけたら、そして身近な人たちのものづくりを支えていけたら、そう考えました。

 

今回プリントをお願いした奥田染工場さんは、今では珍しい多種多様な染色技術を保有するとても貴重な染工場。1枚1枚ていねいに染め上げていく姿は、職人そのものでした。(染めている様子はこちら

 

 

 

さらに今回は染料にもこだわり、八王子にあった植物の「南天」を使っていただくことで、染料の地産地消も実現できました!

 

南天は「難を転じる」という言葉に似ていることから、 ”縁起の良い植物” として知られている赤い実がつく植物。この南天によって染色されたあとは、釘を水に浸して抽出した鉄分で染料の色を固定していきます。

(生地を郵送する際にも1点ずつの包装でなく、まとめて梱包することでゴミを減らしました!)

 

ていねいに染料からつくっていただいたからこそできた、絶妙な色と風合い。1点1点少しずつ違いが出るのも、手づくりだからこその魅力です。そう、世界にひとつだけ、あなただけのTシャツなのです。

 

このTシャツをつくるため、何回もミーティングを重ね、何度も八王子に通いました。たくさんの思いからできたTシャツです。

 

世界の問題はこれまで以上に激化しています。だからこそ、私たちがいる場所で、足元から、小さくてもできることを積み重ねていくことが大切で、その小さな積み重ねから問題解決へとつながるのだと思っています。

 

このプロジェクトを通して、次世代に残していくべき本当に大切なもの、残していくべきかたちを、みなさんと一緒に考えていけたらと思っています。ぜひ応援していただけたら嬉しいです!

 

 

 

 

□限定40枚

 

□サイズ:ユニセックス S/ M / L

・着丈:【S】63cm【M】72cm【L】75cm
・身巾:【S】45cm【M】52cm【L】56cm
・肩巾:【S】37cm【M】45cm【L】48cm

 

※男性モデル着用 Lサイズ  ※女性モデル着用 Mサイズ

 

□価格

・1,000円寄付コース → 4,500円
・3,000円寄付コース → 6,500円
・5,000円寄付コース → 8,500円
・10,000円寄付コース →13,500円
・20,000円寄付コース →23,500円

 

※ご寄付いただいたお金は、2019年&2020年アースデイ東京の開催資金に使わせていただきます◎

 

□ご希望の方は下記までご希望の【サイズ】と【金額】をご連絡ください。ご案内をお送りします。

 [email protected]

 

 

キーワード
森林・緑化、生物多様性 熊本大地震 西日本豪雨 ソーシャルビジネス ソーシャルグッド 加藤登紀子 NPO・NGO ごみゼロナビゲーション ー Dish Reuse System 障害平等研修(DET研修) プラスチックフリー オープンミーティング 広報関連 C.W.ニコル アースデイコンサート アースデイキッチン トークステージ 地球一個分の暮らし SDGs アースデイ東京2019
実行委員会 最近の記事
実行委員会の一覧