お知らせ 更新: 2015.01.14

アースデイ大学 第6回 特別講座 開催!受講生募集!

氷雪が雨水となり、大地が潤い始める時。
海と山を「つなぐ」場を再発見!「干潟・湿地 X おむすび」
—早春の「息吹」を手で感じとろう—

春の東風の勢いがます頃、氷雪がとけ雨水となり、大地が潤い始めます。海と山を「つなぐ」場では、海藻も旬を迎え、草木も芽吹き始めます。この時期は、早緑月(さみどりつき)とも言います。今回は、早春の「息吹」を手で感じとることを目的に、江戸前流の海苔付けで海苔を作り、「おむすび」を結び食べます。

日本は、四方を海が囲み、深い山々が連なることから、海と山の幸豊かな食文化をもっています。「干潟・湿地」とは、水と大地という異なる自然環境を「つなぐ」場でもあり、多様な生命を育む場でもあります。

古代から変わらぬ代表的な日本食は、海の苔と書くノリ[海苔]と、コメ[米]です。日本最古の地誌(713年編纂)の一つ『常陸国風土記』信太郡条では、ヤマトタケルが降り立った乗浜(のりはま)で、人々が海苔を干している様子を記しています。その後、ノリとコメは、自然と人、人と人を「つなぐ」食べ物へと発展していきました。

江戸前流の海苔付けと「おむすび」を結びながら、早春の「息吹」を手で感じとりませんか?


■予定プログラム

第1部)海苔ワークショップ ~東京湾の海苔の歴史を学ぶ/海苔付け体験~
講師:小山 文大さん(海苔のふるさと会 理事)

第2部)おむすびワークショップ~おむすび結び+海苔で巻く(皆さんでおむすびを味わいます)~
講師:坂本 啓介さん(日本おにぎり協会 代表)


【日時】2015年2月15日(日)10時~15時終了予定(受付開始9時30分)
【会場】大森 海苔のふるさと館(東京都太田区平和の森公園2−2)
【参加費】1,500円(材料費込み)
【詳細・お申込み】アースデイ大学ホームページ

主催 アースデイ大学/NPO法人海苔のふるさと会
協力団体 大森 海苔のふるさと館/カドマン企画/日本おにぎり協会/NPO法人ポラン広場東京

キーワード
アースデイナイト ごみゼロナビゲーション 地球時間 【C】ライフスタイル、循環型社会 憲法9条 放射能見える化プロジェクト ベロタクシー 核ゴミ問題 若者、東北・福島支援、福祉、政治、教育、アート&ピース 子ども・子育て、女性、ココロとカラダ セヴァン・カリス=スズキ デニス・バンクス エネルギーアクション フェアトレード 熊本大地震 ソーシャルグッド 女性 平和・国際貢献 アースデイコンサート トークステージ 加藤登紀子 こどもアクション 311東日本大震災市民のつどい"PeaceOnEarth" 友産友消 フードアクション 3Rアクション ディッシュリユースシステム 森林・緑化、生物多様性 企業 アースデイいのちの森 C.W.ニコル アースデイ東京2016 キッズウィークエンド アースデイ大学 アースデイ東京2015 アースデイ東京2014
お知らせ 最近の記事
お知らせの一覧