お知らせ 更新: 2019.09.26

OPEN MEETING vol,11 「CLIMATE JUSTICE NOW!」 気候変動の今と地球の未来

 

「地球のことを考え、行動する」を掲げ、毎春代々木公園で10万人を動員する
日本最大級の地球市民フェスティバル「アースデイ東京」では、地球をよくする
アクションを続けている実践者を招き、オープンミーティングを開催しています。

11回目のテーマは、ズバリ「気候変動」。 

燃え続けるアマゾン、そして関東を襲った大型台風。日本国内だけでなく全世界で
大規模な災害が相次いでいる今、地球に何が起こっているのか。私たちは「今さら」
では無く、「今だからこそ」気候変動の実情を理解し、持続可能な未来に向けて、
一人一人が行動に移さなければいけません。

当日は、様々な業界で活躍されている有識者をゲストに迎え、
「気候変動」をテーマに、地球の現状を学び、私たちの未来について語り合います。

そして今起きている災害に対して私たちができることを考え、
具体的なアクションを生み出していきます。

是非、ご参加ください。

▼イベント概要

・日時 2019年10月17日(木)19:00-21:30
 開場 18:30 / 開始 19:00 / 閉会 21:30(22:00まで交流できます)

・定員 100名

・登壇者
 ・中井徳太郎 (環境省 総合環境政策統括官)
 ・辻井隆行 (元パタゴニア日本支社長)
 ・
渡辺瑛莉(350.org Japanキャンペーナー)
   ・宮崎紗矢香(Fridays For Future Tokyo オーガナイザー/立教大学4年)
   ・梶原拓朗 (Fridays for Future Tokyo オーガナイザー/国際基督教大学1年)
 [NEW!!]
 ・末吉里花(一般社団法人エシカル協会代表理事/日本ユネスコ国内委員会広報大使)
 ・佐藤郁 (戸田建設 エネルギー事業部)

 司会:河村和紀

・会場
 渋谷LOFT9(渋谷駅より徒歩10分)
 〒150-0044 東京都渋谷区円山町1−5 キノハウス1F ユーロスペース

・参加費
 一般2,000円 / 実行委員1,500円  / 学生1,000円
 ※1ドリンクチャージが別途発生します。
 (会場で受付を済まされた後、ソフトドリンク、アルコールなど1品ご注文頂くシステムです。)

▼参加方法
 以下申込フォームよりエントリーをお願いします。
 定員があるため、キャンセルはお控えください。
 申込フォームはこちら→
 https://docs.google.com/forms

▼プログラム

①【トークセッション】

 ・気候変動の現状について
 ・日本、そして世界で起きている環境アクション事例紹介

 ※トーク内容は、ご登壇頂くゲストによって変更になる可能性がございます。
  あらかじめご了承ください。

②【ワークショップ】

 ・アースデイ東京2020企画ワーク
 〜アースデイ東京災害アクションを考えよう〜

③【アースデイ東京2020実行委員会のご説明】

 ・アースデイ東京はアースデイをテーマにイベントや活動を行う
  団体や個人が「実行委員」となって集まり、「実行委員会」
  形式で運営されています。実行委員会への参加方法をご案内致します。

④【懇親会】

 ・参加者、ゲストとの懇親会

 

▼ゲストプロフィール

・中井徳太郎(環境省総合環境政策統括官) 

1962年生まれ。東京大学法学部卒業。1985年大蔵省入省。主計局主査(農林水産係)などを経て、1999年から2002年まで富山県庁へ出向。生活環境部長などを務め、日本海学の確立・普及に携わる。2002年財務省広報室長。2004年東京大学医科学研究所教授。2009年財務省理財局計画官。2010年財務省主計局主計官(農林水産省担当)。東日本大震災後の2011年7月の異動で環境省に。総合環境政策局総務課長、大臣官房会計課長、大臣官房秘書課長、大臣官房審議官(総合環境政策局担当)、大臣官房審議官(総括担当)、廃棄物・リサイクル対策部長を経て、2017年7月より現職。

 

 

・辻井隆行 (パタゴニア日本支社長)

1968 年東京生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地 球社会論)修了。99 年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア 東京・ 渋谷ストアに勤務。2000 年より正社員。鎌倉ストア、マー ケティング部門、卸売部門などを経て 09 年から19年9月まで日本支社長。03 年にはグリー ンランド、07 年にはパタゴニアに遠征してシーカヤックと雪山滑降 を行うなど、自然と親しむ生活を送りながら、# いしきをかえよう の発起人の一人として市民による民主主義や 未来のあり方を問い直す活動を続ける。2016 年、日経ビジネス「次代を創る 100 人」に選出。

 

・渡辺瑛莉(350.org Japanキャンペーナー)

市民の力で気候変動問題を解決することを目指し、世界200カ国で活動を展開する国際環境NGO 350.orgの日本支部でキャンペーナーとして活動中。大学在学中よりNGO活動に携わる。大学院で地域研究を専攻し、インドネシア・アチェ州の津波被災地での活動等に携わった後、国際環境NGOで6年間キャンペーナーとして活動。日本の「お金」が関わる東南アジア等での環境社会問題の解決に向けて、また3.11後、原発事故被災者の方々に寄り添う活動等を行う。南米在住などを経て現職。

 

・宮崎紗矢香(Fridays For Future Tokyo オーガナイザー/立教大学4年)
・梶原拓朗 (Fridays for Future Tokyo オーガナイザー/国際基督教大学1年)

 

・末吉里花(一般社団法人エシカル協会代表理事/日本ユネスコ国内委員会広報大使)

慶應義塾大学総合政策学部卒業。TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。日本全国の自治体や企業、教育機関で、エシカル消費の普及を目指し講演を重ねている。著書に『祈る子どもたち』(太田出版)、『はじめてのエシカル』(山川出版社)。新刊絵本『じゅんびはいいかい?〜名もなきこざるとエシカルな冒険〜』(山川出版社)。消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員(2015.5〜2017.3)、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、日本サステナブル・ラベル協会理事、NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問、損保ジャパン日本興亜環境財団評議員、一般社団法人地域循環社会連携協会理事、1% for the Planetアンバサダー、ピープルツリーアンバサダー

https://ethicaljapan.org

 

▼FridaysForFuture 


スウェーデンの15歳(当時)の高校生、グレタ・トゥーンベリさんが、学校を休んで「気候正義」について訴えたことから始まりました。その動きはいまや全世界に広がっています。「気候正義」とは「気候変動問題は国際的な人権問題であって、この不正義を正して温暖化を止めなければならない」という認識のことです。一人でも多くの日本人が行動を起こすきっかけとなるために、未来を担う学生たちが立ち上がっています
(詳しくはこちらから→https://www.fridaysforfuture.org/)       

 

▼参加方法
 以下申込フォームよりエントリーをお願いします。
 定員があるため、キャンセルはお控えください。
 申込フォームはこちら→
 https://docs.google.com/forms

 

 

 

キーワード
森林・緑化、生物多様性 熊本大地震 西日本豪雨 ソーシャルビジネス ソーシャルグッド 加藤登紀子 NPO・NGO ごみゼロナビゲーション ー Dish Reuse System 障害平等研修(DET研修) プラスチックフリー オープンミーティング 広報関連 C.W.ニコル アースデイコンサート アースデイキッチン トークステージ 地球一個分の暮らし SDGs アースデイ東京2019
お知らせ 最近の記事
お知らせの一覧